FC2ブログ

意志を砕くという描写が好きなのかもしれない

久しぶりという言葉は一種の負け文句だと思うので
絶対に使いたくないのです。
お久しぶりです、もそかつです。

どんなに僕が正義でも負ければ賊軍です、はい。

季節の移り変わりは早いもので、
めっきり秋も深まり、焼き芋屋のおっさんも
ちらほらとそこら界隈に出没し始めています。
僕といえば、ホームセンターで買ったホットカーペット(3980円)の
上でソウルイーターをやっておりました。

以下雑感。

シナリオはお世辞にも上手いとは言えなかったけど
それでもそれを補っての設定の妙と、キャラクターの可愛さで
かなり僕の中で愛しい作品となっております。
命よりカイのほうが好きなのです。

で、アイアンメイデンについて

内容なんてカケラ程もありゃしねえ。
魔乳揃いのキャラとくんずほずれず。
ただそれだけ。
いや、それは愛すべきものだと思いもするんだけどね。


話、変わって
エロ特化とシナリオは両立はしないんだろうか。
良質のシナリオはキャラが立っていると思うんだけど、
キャラが立っているってことはユーザー側が入れ込む要素が
ふんだんに盛り込まれてる気がする。
エロ特化(エロ+エロ)
良質シナリオ(エロ+脳内補完)
で、この場合エロ特化>良質シナリオなのか逆なのか。

まあ、良質シナリオの定義も曖昧だけど。
もし良質シナリオ=いわゆる泣きゲーだったら、
出演キャラにドエロ描写はあまり合ってない気がする。
ちょう泣ける話なのに、ヒロインがド淫乱。
……ねえな。
エロ特化ってだいたい、
淫乱(和姦)か陵辱かの2パターンぐらいだと思う。
良質シナリオ=物語として破綻していない、練りこまれているだったら
エロとの共存も可能な気がする。
ほんと、何をもって良質シナリオとするかが一番の問題である。
キャラクターがド淫乱となれば、だいたい作品の傾向としてはインモラルになりがちである。
伝奇や推理とかとは相性がいいかもしれない。
うだうだ言ってないで一般的にシナリオが良いとされている作品をあげ考えていきたい。
とレビューサイトを見てみたが上位を席巻しているのは泣きゲー(超おおまかに括って)だった。
ほとんどの作品をやったのだが、どれもエロいかと言われれば
首を傾げたくなる。

やはり共存はできないのだろうか。


夏の残り香




一昨日くらいから、屁の匂いが異彩を放っているのですが
気のせいでしょうか。ひとえに臭いです。
1日4本、飲むヨーグルトを飲んでいるからでしょうか?

脈絡もなく、バイファム観賞終了報告。
割と、凄惨な出来事もなくダラダラと終了。
だからといって、愛だの恋だのが色濃いわけでもなく
中途半端な感じ。まあ、現実に起こったら
ひどく一大事だけどエンタメとして見たらパンチがなかった。
つうか、主人公補正かかりまくり。
13人の誰一人欠けないなんておかしいって。
他のやつらは百歩譲ったとしても、
ロディのバイファム、明らかにビーム弾いてるって。
後半なんかまともに被弾してるのに
装甲に傷すら付きやがらねえ。
アンチビーム兵器でも積んでたら別だけど、
だったらシールド作る必要ないし。
つうか、地球でもククトニアンどっちでもいいけど
近接戦闘用の武装を少しは持てよ。

なんか個人的なことかもしれんけど、
年々、物事に過剰さを求めるようになってきた。
ちょっと違うかもしれんけど、どこかで読んだ
ガンスリンガーガールのレビューみたく。
どんな過剰なことも、ひどいことも
萌えで片付けられるみたいな、違ったっけかな。
もう普通の萌えでは萌えられなくなったとか、
そんな話だった気がする。
義体萌え、人体改造萌えだの。
いつか萌えは人を殺すとか。
腐敗萌えだの、死体萌えだの。
まあ、その手のフェチがある以上、一概に萌えに
責任があるわけではないけど。

話それまくり。

なんやかんや言いつつも、青春群像劇物が好きです。
少年少女が宇宙漂流するエロゲーをどこか出してくれ。
閉鎖空間で起きる人間劇。
目立ちすぎてレイプされちゃうヒロイン。
頭いっちゃってるインモラル宗教を妄信しているヒロイン。
暴力でおどして独裁しちゃう友人。
何かあると殴ってくる兄弟。
小さい男の子にハアハアしてる少女。
公衆便所にされるクルー。

あれ?全部、リヴァイアスじゃん。



とりとめて感慨深いものはなく

ひぐらしの祭囃し編が終わりました。
というわけで感想。ネタバレ微妙にあり。







more...

いまさら感想郡

「マッハ!!!!!!」
何はともあれトニー・ジャーはすごい。
トム・ヤム・クンのときも思ったのだが
人間の規格を超越してるって。

「スチームボーイ」
スチームパンクだのサイバーパンクだの
何かが異常発達した世界は好き。
俳優をキャストとして起用するのは
今も昔もオタク受けしなく、
非常に痛々しい出来になってるものが多いが
今回は成功していると思われる。
鈴木杏も周囲が言っているほど
ひどくはなかった。
つか、小西真奈美が上手いのですよ。
下手な声優よりよっぽど上手い。
往年の佐久間レイを彷彿させる声でした。

「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」
エミリー・ブラウニングがかわいかった。
ああいう可なのか不可なのかわからない顔が
わりと好き。でも、前髪あげた顔はわりと
ひどかった。内容はうん、まあ、ね。


真っ白に消えた

20060607232122.jpg


先日、ヨドバシカメラに行ったところ、
残り一個となっていた再販分のアル・アジフのフィギュアを見つけたので、
恥を忍んで、ボウケンジャーの玩具を親にせがむ子供にまみれて
買ってきました。

おい、そこの子供。お兄ちゃんをそんな哀れな目で見るんじゃありません。

そんなわけで機神飛翔デモンベイン感想。

more...

中学生のいしずえ

からくりサーカスが

おわった。

more...

ブログ内検索
RSSフィード
リンク